【実用小技】動画の解像度を変更する方法

筆者: 星野 毅 更新日付: 2021-02-04

動画の解像度と言えば、解像度は高ければ高精細で綺麗に表示できます。ですが、動画の解像度は高ければ高いほどよいわけではありません。例えば、さらに解像度が高くなる4K動画をiPhoneなどのデバイスでは再生できません。

要するに、ご場合によって動画の解像度を変更する必要があると思います。今回は、動画の解像度を変更する方法をご解説していきます。

# 動画の解像度を変更する方法

動画の解像度を変更するのは見た目が複雑なんですが、実は簡単です。「VideoSolo 動画 カット」というソフトを使えば、簡単に動画の解像度を上げたり、下げたりすることができます。編集ソフトとして解像度を変更できる以外、動画カット、回転、ファイル結合などの編集機能も搭載されます。プロ仕様のソフトと違い、初心者でも方法を理解できればすぐに使えます。

# 1、「VideoSolo 動画 カット」をインストールする

30日間以内に無料で利用できる無料版の提供もあります。まず無料版を試してみましょう。

VideoSolo 動画 カット
VideoSolo 動画 カット

簡単な操作で動画ファイルを編集できる便利ソフト。カット、画面回転、動画結合など実用的な機能が満載。

  • 不要な部分をカットして削除
  • 複数の動画を一つに結合
  • 画面を好きな角度で回転、反転可能
  • 文字、透かしなどを動画に追加

# 2、ファイルを追加する

ソフトを起動したら、以下のような画面が表示されます。 「動画強化」「ファイルを追加」 の順にクリックして、動画を追加します。又は動画ファイルをソフトにドラックすることでも追加できます。

ファイルを追加

# 3、動画品質を設定する

動画ファイルの読み込みができたら、動画は画面右側に表示されます。ここで 「高解像度」 「明るさ」 などいくつかの項目にチェックを入れば、ソフトは自動に画質を最適化にします。その他、ビデオノイズやビデオ揺れを一気に減らすことが可能です。

動画の品質を上げる

# 4、解像度を変える

それから、画面下側の 「設定」 ボタンでプロフィール設定画面に入ります。ここでは、動画の解像度やビットレートなどの詳細設定を好きに変更できます。解像度は「176*144」から「1280*720」まで提供されます。高画質の動画を手に入れたい方は、 「720*480」以上の解像度をご選択ください。iPhoneなどのデバイスであれば、4K動画に対応できないので低い解像度を選択すればいいです。

解像度を上げる

# 5、動画を出力する

解像度を設定して 「OK」 をクリックすると、メイン画面に戻ります。特定のファイル形式に変換しようとしたら、 「出力フォーマット」 タブで出力形式を指定できます。

保存先やファイル名を設定した後、 「保存」 ボタンをクリックします。これで、動画解像度の変更は完了でした。

動画を出力する

以上は動画の解像度を変える方法のご紹介でした。以上の方法を覚えれば、いつか役に立つと思います。また、編集後の動画をDVDに焼きたい時は、「VideoSolo DVD 作成」がオススメです。お役に立てれば幸いです。

Copyright © 2021 VideoSolo. All Rights Reserved.