【2021年】無料で市販・レンタル・録画DVDをパソコンに取り込むソフトと方法

筆者: 香取環 更新日付 : 2021-07-27

レンタル屋さんから借りてきたDVDを返却した後でも都合の良い時に繰り返して見れるために、DVDをデータ化して、その動画データをパソコンに取り込み・コピーするのが必要になります。或いは、市販や地デジを録画したDVD映像をバックアップとし、パソコンに取り込んで永久に保存するには、DVD取り込みソフトがなければできません。

ここでは、自作DVDから市販DVDまで、更にCPRM付きの録画DVDも含め、ほぼ全てのDVD対応できるWindows10/8/7やMac用のDVD取り込みソフトをおすすめします。また無料で自作/市販/レンタル/地デジ録画したDVDをパソコンに取り込み・落とす方法も一緒紹介していきます。

目 次 【表示】

DVD取り込みソフトTOP1: VideoSolo DVDコピー

おすすめ度★★★★★
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応対応済み
DVDコピーガード対応CSS、CPRM、CPPM、Sony ARccOS、UOPs、Disney's Fake、APS、リージョンコードなど
入力形式自作・レンタル・市販・録画DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、ISOファイル
特別機能DVD圧縮機能、DVD再生機能

VideoSolo DVDコピー」はWindows10・Mac両方対応のDVD取り込みソフトで、市販・レンタル・録画DVD動画をDVDディスク(DVD-5やDVD-9)、DVDフォルダ(VIDEO_TSフォルダ)またはISOイメージファイルとしてパソコンに取り込むことができます。更に、ISOファイル、フォルダまたはDVDから空のディスクへの書き込み、及びDVD9からDVD5への圧縮コピー機能も備えています。

コピーガードの入っていない自作DVDがもちろん、CSS、APS、UOPs、ARccOSなどコピーガード付きの市販DVD・レンタルDVDであれ、CPRM解除必要がある地デジを録画したDVDであれ、この強力なロック解除機能が搭載するDVD取り込みソフトさえ使えば、簡単にDVDの動画データをコピーし、パソコンに保存できます。

VideoSolo DVD コピー
VideoSolo BD−DVDリッピング

1:1の比率でDVD動画をDVDディスク、DVDフォルダーまたはISOファイルにコピーできるソフト

  • 1:1の比率の無損失DVDコピー
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
  • DVD圧縮も対応
  • 3つの実用なコピーモード

それでは、 「VideoSolo DVDコピー」 を使って、DVD(レンタル・市販・録画)をパソコンに取り込み・コピーする方法を簡単に説明します。30日間の無料試用サービスが提供されるのでご安心に利用できます。

ステップ1、「今すぐ利用」 ボタンで 「VideoSolo DVD コピー」 をダウンロード・インストールします。パソコンに取り込みたいレンタル/市販/録画DVDをドライブに挿入してください。そして、ソフトを起動すると、自動的に挿入されたDVDを読み込みます。

DVDを読む

ステップ2、 DVDのロードが完成すると、お好みによってDVDコピーモードを選んでください。「 フルコピー 」、「 メインムービーコピー 」、「 カスタマイズコピー 」という3つのコピーモードが提供されています。

コピーモードを選ぶ

ステップ3、 そして、出力形式を選びます。DVDをデータ化して、PCに取り込みたい場合、 「ターゲット」 オプションにおける「 DVDフォルダ形式で保存する 」または「 ISO形式で保存する 」をクリックして選択すればいいです。「次」でDVDをパソコンに取り込むプロセスに進みます。最後の画面で 「開始」 ボタンをクリックすると、DVDの取り込みが始まります。

出力形式を選ぶ

さらに、DVDをパソコンに取り込んで済むことではなく、DVDをリッピングしてほかのMP4などの形式に変換するつもりであれば、DVDリッピング機能が搭載される「VideoSolo BD-DVDリッピング」を利用するのを強くおすすめします。

DVD取り込みソフトTOP2: DVDFab DVD コピー

おすすめ度★★★★
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応対応済み
DVDコピーガード対応APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARcc OSなど
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、IFO/ISOファイル
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、ISOファイル

DVDFab DVD コピー」はWindows 10/Macで使えるレンタル/市販DVDをDVDフォルダまたはISOイメージファイルとしてパソコンに取り込むことができるDVD取り込みソフトです。期間限定の無料使用ができるけど、使える機能が少ないし、有料版に無理やり引導されることがあります。有料版は値段が高くて、しょっちゅうDVDをパソコンへの取り込みを行わない人にとっては購入する甲斐がありません。別の手頃な価格で入手できるDVD取り込みソフトがあるからです。

DVDFab DVD コピー

DVD取り込みソフトTOP3: WinX DVD Copy Pro

おすすめ度★★★
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応対応済み
DVDコピーガード対応CSS、RCE、APS、UOP、破損また傷つけたDVD、Sony ARccOSなど
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、IFO/ISOファイル
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、ISOファイル

WinX DVD Copy Pro」はWindows 10/Macとも対応のDVD取り込みソフトで、DVDをISOイメージへコピー、ISO マウンター、DVDコピーする機能を搭載しています。高度なDVDバックアップ技術があり、分かりやすい操作でDVDをデータ化してPCに取り込みます。レンタル・市販のDVDの取り込みがサポートしますが、CPRM付きの地デジを録画したDVDに対応不可のようです。対応DVDの種類がより多い「VideoSolo DVD コピー」がお薦めです。

今すぐ利用
(Win·Mac)

WinX DVD Copy Pro

DVD取り込みソフトTOP4: Handbrake

おすすめ度★★★
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応対応済み(バージョンv1.0.0以降日本語未対応)
コピーガード対応UOPs、リージョンコード(最新に対応していない)
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル

Handbrake」は古いライディングソフトですが、今でも高い人気があります。無料でDVDをDVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイルとしてパソコンに取り込む機能を搭載しています。最新バージョンはWindows10と交換性があり、Mac版も用意されています。しかし日本語に対応できなくなっているため、日本語化されたバージョンを公式サイトでなく、別途でダウンロードする必要があります。

無料で利用できるのがありがたいですが、対応のコピーガードが極めて少ないため、産業用DVDの取り込み・コピーするにはより高機能なDVD取り込みソフトを利用したほうがいいです。

今すぐ利用
(Win·Mac)

Handbrakeの日本語版及び詳細な使い方は以下の記事をご参考ください。

Handbrake

DVD取り込みソフトTOP5: MakeMKV

おすすめ度★★☆
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS X10.5以降
日本語対応対応済み
コピーガード対応AACSとBD+(CPRMなどには非対応)
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式MKVとISOファイルのみ

MakeMKV」はDVD動画ファイルをダビングして、MKVとISOファイルに変換してパソコンに取り込んで保存するためのDVD取り込みソフトです。多重音声を保存でき、有形媒体で残すことなくデータとしてPCへの取り込むことができます。出力形式がMKVとISOファイルのみ提供するので、プレイヤーによって再生できない場合があります。また、CPRMなどには非対応であるため、市販DVDやテレビ録画DVDの取り込み作業には不向きです。

MakeMKVのダウンロードと使い方について、ぜひ以下の記事をご参考ください。

MakeMKV

DVD取り込みソフトTOP6: CPRM Decrypter

おすすめ度★★
対応OSWindows10/8/7/XP (32/64 bit)
日本語対応対応済み
コピーガード対応CPRMのみ
入力形式DVDディスク/ブルーレイ
出力形式拡張子.vroしか出力できない

CPRM Decrypter」はWindows向けのCPRM解除フリーソフトで、Macに対応しません。地デジを録画したDVDディスク/ブルーレイをデータ化して、VROファイルとして無料でパソコンに取り込むことができます。録画DVDを除いて、市販・レンタルDVDに対応不可です。CPRM Decrypterのダウンロードが難しくて初心者におすすめしません。Windows 10で実行するには「互換モード」を適用するのを必要となります。

時にはDVDをパソコンに取り込む途中でエラーが発生して、うまく進まない場合もあります。その代わりに、常に更新されている、機能満載の「VideoSolo DVDコピー」を検討してみましょう。

今すぐ利用
(Win·Mac)

CPRM Decrypterのダウンロードと使い方について、ぜひ以下の記事をご参考ください。

CPRM Decrypter

以上は有料・無料を問わず、いくつかのDVD取り込みソフトを紹介しました。ご需要によって、自分に合ったソフトを選んで、気に入りのDVDをパソコンに取り込み・保存しましょう。

# 自作DVDをパソコンに取り込む方法

自作DVDにはコピーガードがかかっていないため、Windows10で自作DVD をパソコンへ取り込みの場合は、専門のDVD取り込みソフトが不要で次の手順に従えば簡単にDVDをパソコンに保存できます。

ステップ1、パソコンのドライブに自作のDVDを挿入します。

ステップ2、DVDの読み込みが完成したら、 「マイコンピューター」 からDVDの入っているドライブを右クリックして 「開く」 オプションを選択してください。

ステップ3、すると、挿入されたDVDのコンテンツが表示されます。中にあるファイルをパソコンにドラッグ・ドロップでコピーすればPCへの取り込みができます。

一方、コピーガードがかかっている市販・レンタル・録画DVDの場合は、上記の「VideoSolo DVDコピー」でのDVDをパソコンに取り込む方法を参考にしてください。

今すぐ利用
(Win·Mac)

ちなみに、Windows 10/8/7などにDVDを取り込み、落とすではなく、動画をDVDに焼いて、DVDプレイヤーで再生しようとすると、「VideoSolo DVD 作成」というDVD焼くソフトをお試しください。