【フリーソフト】おすすめのブルーレイをリッピング・コピーできるソフトTOP 7「2021最新」

筆者: 星野毅 更新日付 : 2021-07-23

市販・レンタルのブルーレイをリッピングして、中のBlu-Rayデータを私物として保存したい方も多いかと思います。しかし、レンタルブルーレイにせよ、市販ブルーレイにせよ、コピーガードがかかっているため、解除しないとリッピング・コピーできません。

そんなわけで、本記事ではブルーレイのコピーガードを解除できる・かなり重宝するリッピング・コピーソフトをまとめてみて、それぞれの機能を比較して、実用なソフトをおすすめします。BDリッピングソフトがあれば、いつでも好きなときに好きなだけブルーレイ動画が見れるようになります。

目 次 【表示】

TOP 1、VideoSolo BD-DVDリッピング

評価★★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
対応のBlu-RayコピーガードAACS、Cinavia、Room Mark、BD+など
入力形式自作・レンタル・市販・録画ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式無損失MKV、MP4、AVI、MP3など
特別機能DVD・ブルーレイ同時に対応、無損失で出力、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など

VideoSolo BD-DVDリッピング」は日本で初登場のDVDとブルーレイ両方を同時とも対応して、最強のリッピング性能を誇るソフトです。ブルーレイのリッピングはもちろん、動画への編集や圧縮性能も兼ね備えます。ブルーレイの画質を無損失でMP4、MKVなどの動画ファイルにリッピングできますし、強力コピーガードを解除する高い性能があるので、よく見れられるブルーレイのAACS、Cinavia、Room Mark、BD+などのコピーガードを手軽に解除することができます。

近年ますます強力になっているコピーガードを搭載したBlu-Rayを常に確実にコリッピングしたい方は、まず 「VideoSolo BD-DVDリッピング」 を無料ダウンロードしてリッピング性能の高さをチェックしてみましょう。

VideoSolo BD−DVDリッピング
VideoSolo BD−DVDリッピング

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

初心者向けのリッピングソフトだから、使い方は超簡単で、流れに従えば自分でPCを使ってBlu-Rayをリッピング出来ます!次はわかりやすい使い方をご説明させていただきます。

1、「VideoSolo BD-DVD リッピング」をインストールする
2、ブルーレイディスクをロードする
3、リッピングしたいプレイリストを選ぶ
4、出力形式を選ぶ
5、コピー・リッピングを開始する

なお、詳しいBlu-Rayリッピング方法については、下のまとめ記事が参考になりますよ。

BDロード完成

TOP 2、Handbrake

評価★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
対応のBlu-RayコピーガードUOPs、リージョンコード(最新に対応しない)
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式MP4、MKV
公式サイトhttps://handbrake.fr/
ダウンロード先https://zh.osdn.net/projects/handbrake-jp/
マイナス面インターフェースが分かりにくい、リッピング性能が弱い

「Handbrake」は有名な無料リッピングソフトとして、DVDに対応するだけでなくブルーレイにも対応できます。WindowsとMac版もありますので、ユーザーの心には高い評価が受けています。対応の出力形式はMP4、MKVなどいっぱいありますので、実に便利なソフトだと考える方が多いです。動画のリサイズも自由に行え、例えば元ブルーレイの解像度720x480から480X272まで縮小してリッピングしたりできるのがおすすめ理由です。

ですが、UOPs、リージョンコード以外のコピーガードがかかっているブルーレイも徐々に「Handbrake」でリッピングできなくなっているのが確かです。コピーガードが複数存在で、強力すぎてブルーレイをリッピングできないストレスを感じたくない方は、「Handbrake」よりも高性能なブルーレイリッピングソフトを導入することをオススメします。なお、複雑な専門用語が記載されるところが多くて、インタフェースもわかりなにくくて初心者にとってオススメしません。

Handbrakeの日本語版化、詳細な使い方について、ぜひ以下の記事をご参考ください:

Handbrake

TOP 3、Tipardブルーレイコピー

評価★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)のみ
日本語対応可能
対応のBlu-Rayコピーガード市販・レンタルのブルーレイのコピーガード
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
公式サイトhttps://www.tipard.com/
ダウンロード先https://ja.tipard.com/blu-ray-copy/

Tipardブルーレイコピーは市販・レンタルのブルーレイディスクからコピーガードを解除して、市販・レンタルと自作のブルーレイをコピーできる素敵なブルーレイコピーソフトです。ソフトの中にフルディスク、メインコピー、クローンとデータを書き込むなど四つのコピーモードが提供されています。操作のシンプルさが特徴で、複雑な設定もないので、初心者にいいです。

しかし、このソフトはブルーレイコピー専用で、DVDのコピーには対応できません。Mac版もありませんので、Windowsのユーザーだけにおすすめです。

Tipardブルーレイコピー

TOP 4、Sothink Blu-rayコピー

評価★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit) Mac OS
日本語対応可能
対応のBlu-Rayコピーガード自作のブルーレイしか対応できない
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式MP4、MKV、AVIなど
公式サイトhttps://progsoft.net/ja/software/sothink-blu-ray-ripper
ダウンロード先https://sothink-blu-ray-copy.soft32.com/

Sothink Blu-ray コピーはブルーレイリッピングソフトとして、Blu-rayをMP4、MKV、AVIなどの様々な動画ファイルにリッピングしてすることができます。フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、クローンおよび結合という五つのコピーモードが有するので、ブルーレイのリッピングを容易にできます。

ただ、自作と暗号化なしブルーレイディスクを問題なくリッピングできが、暗号化されたブルーレイをリッピングできないというマイナス面があります。完璧なブルーレイコピーソフトを求める人にとって物足りないと思われるかもしれません。

Sothink Blu-ray コピー

TOP 5、MakeMKV

評価★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit) Mac OS
日本語対応可能
対応のBlu-RayコピーガードAACSとBD+(CPRMなどには非対応)
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式MKVのみ
公式サイトhttp://makemkv.com/
ダウンロード先http://www.makemkv.com/download/

MakeMKVはブルーレイディスクを画質・音質劣化無しでMKVファイルに高速変換することができるフリーのリッピングソフトです。最新AACSとBD+でプロテクトされたディスクを読み込めるうえに、HDオーディオを含む全ての音声・映像トラックを保存できます。

MakeMKV

無料でブルーレイをISOファイルかMKVにリッピングできますが、開発が終了していることもあって、リッピング性能には限界があります。たとえばBDAVやCPRMでプロテクトされたディスクの解析が無理で、対応していません。しかも、出力可能な形式が少ないで、MKVやISOファイルしか対応できません。だからブルーレイをMKVにリッピングしようとする方におすすめです。

MakeMKVのダウンロードと使い方について、ぜひ以下の記事をご参考ください:

MakeMKV

TOP 6、Xilisoft Blu-ray Ripper

評価★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit) Mac OS
日本語対応非対応
対応のBlu-Rayコピーガード市販、レンタル以外のブルーレイコピーガードしか対応できない
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式MP4、MKV、AVIなど
公式サイトhttp://www.xilisoft.com/index.html
ダウンロード先http://www.xilisoft.com/blu-ray-ripper.html

ブルーレイビデオ(BDMV、AVCHD)からiPad、iPhone、Xbox 360などで再生可能なビデオ形式に変換を行うブルーレイリッピングソフトです。優れた解読機能と元のブルーレイの全体的な品質を維持する出力ビデオを制作できると評価されています。

残念なことは、ディスクのコピーと地域の制限を取り除くためにサードパーティのアプリケーションが必要だということです。そして、市販のブルーレイムービーディスクが支持してないです。日本語版はありません。

Xilisoft Blu-ray Ripper

TOP 7、ImgBurn

評価★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)のみ
日本語対応非対応
対応のBlu-Rayコピーガード自作しか対応できない
入力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
公式サイトhttps://www.imgburn.com/
ダウンロード先https://imgburn.softonic.jp/

ImgBurnはWindows専用の多機能ブルーレイコピーソフトで、DVD、ブルーレイ、CDなどのディスクからISOイメージファイルとしてリッピングすることができます。また、使い勝手がいいし、ソフト内の説明もわかりやすくて、初心者にとって優しいソフトです。Windows10/8/7を使って無料でブルーレイをリッピングしたい方におすすめです。

一方、使いやすさを持っているImgBurnはフリーソフトの性質なので、コピーガード解除機能が搭載されていなく、市販・レンタルのブルーレイをコピーできません。出力形式の面から言えば、ISOファイルだけ対応できるImgBurnは、強力的なBlu-Rayリッピング機能を持つ「VideoSolo BD-DVDリッピング」などの競合ソフトウェアよりかなり少ないです。

ImgBurnの日本語化 · 使い方について、ぜひ以下の記事をご参考ください:

ImgBurn

# なぜブルーレイコピーソフトが必要か?

ブルーレイをコピーまたはリッピングする場合は、ブルーレイリッピングソフトを使って、複製防止ためのコピーガードを解除して、中身のデータを複製するソフトという効用です。ブルーレイには音声・映像をコピーできないように、ロックやプロテクトがかかっています。というわけで、リッピング機能があるブルーレイリッピングソフトを使わないとコピーできないです。

さらに、コピーガードが比較的に容易に解除できるDVDに対し、ブルーレイにより強力な著作権保護技術が搭載されています。だから、通常、一般のDVDコピーソフトはブルーレイのコピーに対応しません。専門のブルーレイリッピングソフトが必須となります。

本記事でご紹介した方法で作成したブルーレイのリッピングデータを空のブルーレイディスクに書き込みたい方は、下記の記事をチェックしてみましょう。

# 最後に

これまで、7つのリッピングソフトは全て紹介しました。自分に適したBDリッピングソフトをみつけましたか?もし皆さんはいいと思うなら、これらのソフトをダウンロードして、ブルーレイをリッピングしましょう。また、ブルーレイ動画リッピングに関して興味がある方は、ここをクリックして、関連記事をぜひご参考ください。