VLC Media Playerでブルーレイを再生する方法 !

筆者: 星野毅 更新日付 : 2021-08-13

VLCでメディアプレーヤーは有名なソフトであり、普通の動画形式だけでなくDVDも簡単に再生できます。ブルーレイムービーが流行っている今、VLCでブルーレイディスクを再生できるかという質問を持っている人もたくさんいると思います。

VLCはブルーレイディスクを直接に再生できないので、2.0またはそれ以降のバージョンは少しの手間をかければブルーレイを再生することが可能です。分かりやすいマニュアルではないが、VCLでブルーレイムービーをしようとする人は少なくないと思います。次はVLCでブルーレイムービーを再生する方法を紹介したいと思います。

目 次 【表示】

VLC Media Playerでブルーレイを再生できない?

VLC Media Playerで市販やレンタルブルーレイを見ようと思ったが、再生できません。無料の性質を持つVLC Media PlayerはAACS、BD+、リジョンコードなどのコピーガードが付いた市販・レンタルブルーレイディスクに対応していないからです。また、脆弱性の面からいうと、VLC Media Playerは "this blu-ray disc needs a library for bd+ decoding, and your system does not have it", "Your input can't be opened:"や"VLC keep Blu-ray loading but nothing presents."というエラーが発生することがあります。ブルーレイディスクを再生できなかった場合、VLC Media Playerの代わりにコピーガードを解除できる、使い勝手がより良いソフトを使ったほうがいいと思います。

非常に低い精度でブルーレイ再生が行えるVLC以外の無料ソフトも存在しますが、とてもこの場でお勧めできるレベルの代物ではありません。ここでおすすめしたいのは、強力な解除機能・高画質を誇る「VideoSolo ブルーレイプレイヤー」です。

VideoSolo ブルーレイプレーヤーとVLC Media Playerを比較してみる

再生ソフトVideoSolo ブルーレイプレーヤーVLC Media Player
使いやすさ★★★★★★★★
コピーガード対応CSS、CPRM、CPPM、UOPs、ARccOS、UOPs、リージョンコードなど×
入力形式自作・レンタル・市販DVD・Blu-ray、4K動画、HD動画自作DVD・ ブルーレイ、HD動画
デメリットMacに対応していない潜在的に深刻なセキュリティー上の脆弱性がある
今すぐ利用
(Win·Mac)

VLCよりインストールから再生までの操作は簡単なので、時間を浪費せずにブルーレイを再生したい人におすすめです。次は手順を分かりやすく説明します。

# 1、ブルーレイディスクを挿入/フォルダかISOファイルを選択

ダウンロードした後ソフトを起動します。ブルーレイドライブでディスクを挿入して再生する場合、ディスクを選択してください。ISOファイルなどの。ブルーレイ形式のファイルを再生する場合、 「フォルダを開く」 ボタンをクリックして、ファイルを選択します。

ご注意:ソフトはブルーレイディスクのコピー保護を取り除くために、インターネットに接続する必要があります。

VideoSolo ブルーレイプレイヤー

ブルーレイファイルを選択

2、ブルーレイムービーを再生 ブルーレイのディスクやファイル成功にロードしてから、ムービーのメイン画面が表示します。チャプター、音声トラック、字幕やタイトルなども選択できます。もちろん、 「映像の再生」 ボタンでムービーを直接に再生してもオッケーです。

BDを再生

【Windows版】VLCでブルーレイを再生する方法

VLC公式サイトは2.0またはそれ以降バージョンのVLCをリリースしたので、もし古いバージョンを使っていたらVLCをアップグレードしてください。では、VLCでブルーレイムービーを再生するガイドを一緒に勉強しましょう。

1、Videolan.orgから最新バージョンのVLCをPCにダウンロードしてくだい。

VLC公式サイト

2、http://vlc-bluray.whoknowsmy.nameにアクセスして、KEYS DATABASE(KEYDB.CFG)とAACS DYNAMIC LIBRARY(Win用のlibaacs.dllか Mac用のlibaacs.dylib)をダウンロードしてください。

32か64ビットのVCLをダウンロードして、KEY DATABASEをインストールします。

VLCをダウンロード

3、「C:ユーザー/ユーザーネーム/AppData」を参照してAppDataフォルダを開きます。

4、隠しファイルを有効にします。ツールバーの表示ボタンでフォルダオプションを開きます。また表示画面に切り替て、「隠しファイルを表示する」を選択して「OK」ボタンで設定を保存すればいいです。

隠しファイルを有効にする

5、AppDataでaacsを名付けて新しいフォルダを作成して、先ダウンロードしたKEYDB.cfgファイルをaacsフォルダに入れてくだせさい。

6、AACS DYNAMIC LIBRARYをダウンロードして、PCにインストールします。「C:Program Files」か 「C:Program Files (x86)」(64ビットの場合)を開きます。「Video LAN > VLC」を参照してVLCフォルダを開けて、libaacss.dllを入れます。

7、今、ブルーレイディスクを再生してみましょう。

【Mac版】VLCでブルーレイを再生する方法

Macでブルーレイムービーを再生する方法はWinでの再生方法とほぼ同じです。詳しい手順は下記のステップをご参照ください。

ステップ 1、 MacでVideolan.orgから最新バージョンのVLCをPCにダウンロードしてくだい。

ステップ 2、http://vlc-bluray.whoknowsmy.nameにアクセスして、必要なファイルをゲットします。

# 1、 KEYS Database

Mac OS:put it in ~/Library/Preferences/aacs/に入れてください。(指定フォルダがなければ作成してください)

# 2、AACS Dynamic Library

Mac OS:VLCを右クリックして、「Show package contents」を選択して、Contents/MacOS/lib のディレクトリにいれてください。

ステップ 3、VLCを実行して、ブルーレイドライブにブルーレイディスクを挿入します。

チップス:VLCはブルーレイメニューをサポートしていないので、タイトルを自分で選択して再生しなければなりません。また、VLCは対応できないブルーレイムービーもたくさんありますので、ブルーレイの再生に失敗する可能性もあります。

チップス: VLCはブルーレイメニューをサポートしていないので、タイトルを自分で選択して再生しなければなりません。また、VLCは対応できないブルーレイムービーもたくさんありますので、ブルーレイの再生に失敗する可能性もあります。

以上で紹介したのはVLCをインストールし、ブルーレイを再生する方法です。この記事をを参考して、市販またはレンタルのブルーレイディスクを再生できるはずです。

VideoSolo ブルーレイプレイヤー
VideoSolo BD−DVDリッピング

ブルーレイ、DVD、MP4などの動画を高画質で再生できるマルチメディアプレーヤー

  • ブルーレイディスク/フォルダ/ISOファイルに対応
  • 無損失4K動画は再生可能
  • DolbyとDTSのサラウンド音声にサポート
  • DVD・ブルーレイメニュー表示可能

以上です。お役に立てば幸いです〜!