【2022】Macのマイクや内部音声を録音するフリーソフト5選

筆者: 鈴川 霧 更新日付 : 2022-1-14

オンライン生活が日々活躍になっている現在、Zoomでのオンライン会議や授業の記録、ゲーム実況の作成には音声を録音できるツールが多く利用されています。Macでマイクからの自分の歌声やギター演奏、またラジオやスカイプの音声通話を録音する場合、適切なボイスレコーダーを使うのは重要です。特に、Macでマイクの声や内部音声の録音作業とも対応できるフリーソフトがより見つけにくいです。

この記事では、マイクの声と内部音声を録音できる、Mac向けの録音フリーソフトをまとめて紹介します。高音質また遅延なしにMacで鳴っている音声を確実に録音できるソフトをお探しである方はぜひ見逃しないでください。

ソフトVideoSoloAudacityボイスメモGaragebandQuickTime Player
音声チェック
内部音声録音可不可不可不可不可
マイク音声録音可録音可内蔵マイクだけ録音可録音可
音声編集
目 次 【表示】

Mac音声録音ソフトTop1:VideoSolo スクリーン録画

使いやすさ:⭐⭐⭐⭐⭐

MacとWindowsとも対応している録音ソフト「VideoSolo スクリーン録画」を一番おすすめです。この録画ソフトは、Macの画面録画だけでなく、マイク音声とシステム内部音声を高音質で録音できます。Macの内部音声だけを録音したり、マイクからの声だけを録音したり、マイク音声と内部音声を同時に録音したりすることができ、ビデオ通話、会議、音楽制作など様々な録音が需要な場面に活用できます。

特徴
1.録音前の「音声チェック」機能を提供しております。
2.動画録画、ウェブカメラ録画、オーディオ録音など豊富な機能を搭載しています。
3.パソコンの画面と音声を同時に記録できるし、音声だけを録音可能です。
4.高度な設定が可能で、ロスレス品質を保ちながら、音声をより鮮明に録音可能です。
5.予約録音機能で自動的に録音作業を行えます。
6.ウェブカメラと画面をラグなしで録画でき、スクリーンショットも撮れます。
7.保存する前に、録音したファイルをプレビューで確認できます。
8.多種多様な出力形式で録音ファイルを保存できます。

また、インターフェースは非常にシンプルなので操作は非常に簡単で、Mac音声録音の初心者に特におすすめします。

# 1、Macで音声を録音できるソフトを起動

ステップ1、「VideoSolo スクリーン録画」を起動すると、ホーム画面が以下のように表示されます。Macで音声を録音する場合、「オーディオ録音」をクリックします。

メイン画面

ステップ2、Macの内部音声のみ録音する場合、システム音をオンにして下さい。Macの外部音声も一緒に収録したい時、マイク音も同時にオンにすればいいです。「REC」 ボタンを押すと、Macの音声録音が開始されます。

Mac録音

ステップ3、Macの音声録音を終了すると、プレビューで確認してから、「保存」 をクリックします。

録画終了

今すぐ利用
(Win·Mac)

Mac音声録音ソフトTop2:Audacity

使いやすさ:⭐⭐⭐⭐

「Audacity」はマイクやミキサーを通して、ライブ音声を記録できる音楽制作を目的としたユーザーにとっては、専門的なMac向け録音アプリです。Macでマイク音声を録音する場合、Audacityはとても便利なツールです。録音した音声を編集するための強力な機能も備えています。音楽のミキシング、効果音の追加、オーディオフォーマットの変更などに使用できます。しかし、この録音アプリはMacのシステム内部音声を録音できません。操作も複雑で、初心者に向いていません。

Audacity

1、MacでAudacityを起動して、レコーディングデバイスタブから録音したいマイクを選択します。
2、「Tracks」>「Add New」からトラックを選択してから、録音開始ボタンをクリックします。
3、録音を終了したい時に録音終了ボタンを押します。編集機能で録音ファイルを修正します。

Mac音声録音ソフトTop3:ボイスメモ

使いやすさ:⭐⭐⭐

「ボイスメモ」は、Mac音声録音のデフォルト機能として、Macで内蔵マイク、サポートされているヘッドセット、また外部マイクからの音声を録音することができます。Mac標準搭載のアプリのため、別途に録音用ソフトをインストールする必要がありません。しかし、この録音アプリはマイク音声の録音にだけ対応し、システム内部の音声の録音に対応しません。Macのマイクと内部音声を同時に録音したいなら、「VideoSolo スクリーン録画」を使うことを勧めます。

今すぐ利用
(Win·Mac)

ボイスメモ

1、Macのボイスメモアプリケーションで、「録音」ボタンをクリックします。
2、一時停止するには、「一時停止」ボタンをクリックします。続けるには、「再開」ボタンをクリックします。
3、完了したら、右下隅の「完了」をクリックします。

Mac音声録音ソフトTop4:Garageband

使いやすさ:⭐⭐⭐

Garageband」もMac向けのボイスレコーダーで、楽器を学ぶのも、演奏するのも、 レコーディングするのも、音楽制作ための録音ツールとして多く使われています。内蔵のサウンドライブラリを使えば、楽器のサウンド、ギター、ボイスなどを録音して追加し、オリジナルの楽曲を作成することができるプロなソフトです。自分で作った音源を流しながら録音するには最適です。

Garageband

1、MacパソコンでGaragebandを起動して、録音したいマイクを選択します。
2、ルーラー上でプレイヘッドを録音し始めたい箇所に合わせてから、録音ボタンを押します。
3、録音が完了したら、停止ボタンをクリックします。「Share」>「Export Song to Disk」で録音ファイルをMacに保存します。

Mac音声録音ソフトTop5:QuickTime Player

使いやすさ:⭐⭐

「QuickTime Player」はMac画面録画ための標準搭載機能です。Macディスクトップ画面と内部音声を一緒に収録できるほかに、音声だけを録音できます。内蔵のマイク音声を録音できますが、外付けマイクからの音声(自分の声)を録音できません。「ボイスメモ」と併用すると、Macのマイク音声と内部音声を一斉に収録できます。Top1の「VideoSolo スクリーン録画」を使うと、厄介な併用が不要で、一本のソフトでどんな録音にも対応できます。

今すぐ利用
(Win·Mac)

QuickTime Player

1、Macのアプリケーションから「QuickTime Player」を起動します。
2、メニューバーから「ファイル」>「新規オーディオ収録」の順に選択します。
3、録音パネルの真ん中にあるボタンをクリックすると、Macで音声や画面収録が開始されます。

# まとめ

皆さんはご需要によってMacの録音ソフトを選択してくださいね。でもやっぱり便利性と実用性の面から見ると、内部とマイク音声を同時に録音できて、画面録画や、ウェブカメラ収録、また動画編集まで一本で行える「VideoSolo スクリーン録画」が一番おすすめです。

今すぐ利用
(Win·Mac)